読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

http_load 使い方

http_load

http_load

webサーバ負荷テスト用ツールです。

自分メモのため、使い方を書いておきます。

1.インストール
$ wget http://www.acme.com/software/http_load/http_load-09Mar2016.tar.gz
$ tar xvfz  http_load-09Mar2016.tar.gz
$ cd http_load-09Mar2016
$ make
$ make install
↓ここで問題が起きる
rm -f /usr/local/bin/http_load
cp http_load /usr/local/bin
rm -f /usr/local/man/man1/http_load.1
cp http_load.1 /usr/local/man/man1
cp: cannot create regular file `/usr/local/man/man1': そのようなファイルやディレクトリはありません
make: *** [install] エラー 1

→解決策 mkdir -p /usr/local/man/man1

これでhttpの負荷テストが出来るようになります! 例:

urlリストを作製して
$ vim urls.txt
http:hoge.com

//5アクセス/秒、10秒アクセス
http_load -rate 5 -seconds 10 urls.txt

httpsもテストしたい場合ちょっと複雑 Makefileファイルを改修する必要がある

$ cd http_load-09Mar2016
$ vim Makefile

#SSL_TREE =     /usr/local/ssl ← opensslのパスに変更[/usr/local/opt/openssl]
#SSL_DEFS =     -DUSE_SSL
#SSL_INC =      -I$(SSL_TREE)/include
#SSL_LIBS =     -L$(SSL_TREE)/lib -lssl -lcrypto
//上記のコメントアウト部分を外す
$ make
↓今回はまたトラブル
'openssl/ssl.h' file not found が出る

↓解決
僕はhomebrewを使ってopensslをインストール
$ brew list
$ brew link openssl --force これだけでは足りないので

.bash_profileに以下のpathを追加する
export PATH=/usr/local/opt/openssl/bin:$PATH
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/opt/openssl/lib:$LD_LIBRARY_PATH
export CPATH=/usr/local/opt/openssl/include:$LD_LIBRARY_PATH

$ make
$ make install

多分問題なく通ると思う! さあ!httpsの負荷テストガンガンやりましょう!!

Basic認証 ぺージ遷移の度聞かれる

Chromeだけ、ぺージ遷移の度認証が効く

.htaccessにいかの内容を追加すればOK

<Files "favicon.ico">
    AuthType none
    Satisfy any
</Files>

参考リンク serverfault.com

newrelic error 無効する方法

php agent の場合
vim /etc/php.d/newrelic.ini

newrelic.error_collector.ignore_user_exception_handler = true


ただ全部のエラーが出なくなったので、できれば指定したステータス404だけignoreしたいなあ!
やり方わからん。。。

PostgresSQL PDOを使おうとする時に「Uncaught exception 'PDOException' with message 'could not find driver'」

原因

  • pdo_pdo_pgsqlないか
  • php.ini (pgsql.so)記載していないか

pdo_pdo_pgsqlの場合

php -i | grep pdo で確認、なければインストールする

sudo yum install --enablerepo=remi-php56 php-pdo php-pgsql

php.ini (pgsql.so) 追記する

extension=pgsql.so

上記2点確認すれば動くはず

git clone できない[fatal: Unable to find remote helper for 'https']

gitのインストール時に(lib)curl-devel ライブラリを読みこめていないことが問題

対応

  • git 削除
$sudo yum remove git
  • 必要パッケージのインストール
$ sudo yum install curl-devel expat-devel gettext-devel   openssl-devel zlib-devel
  • ソースのダウンロード
wget https://git-core.googlecode.com/files/git-1.8.5.3.tar.gz
$ tar -zxf git-1.8.5.3.tar.gz
$ cd git-1.8.5.3
$ make prefix=/usr/local all
$ sudo make prefix=/usr/local install

再度cloneにすれば治るはず

さくらインターネットVPS設定

htpasswd コマンドで設定

htpasswd -c /var/www/html/example/.htpasswd hoge

New password:

Re-type new password:

.htpasswdファイルを作成

cd /var/www/html/example

vim .htaccess

AuthType Basic
AuthName "ユーザー名とパスワードを入力して下さい"
AuthUserFile /var/www/html/example/.htpasswd
Require valid-user

apacheを再起動

service httpd restart

※さくらサーバーの場合

.htaccessを有効する必要がある

①/var/www/htmlディレクトリ配下にある.htaccess有効する

[root@ ~]# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

 .htaccess有効にするにはAllowOverride None⇨AllowOverride Allに変更

 

②その他のディレクトリ配下にある.htaccessを有効する

[root@ ~]# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
<Directory "/.htaccessのディレクトリ">
AllowOverride All
Order allow,deny
Allow from all

最後:Apache起動忘れず

参考サイト

.htaccessを有効にする | さくらインターネットのVPS設定マニュアル

 

Composer インストール

①composer.pharをダウンロードする

$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

動作するかチェック

$ php composer.phar

composer.json composer.lock あるかをチェック

Composer ドキュメント日本語訳